カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

Lol, Lmao, Rofl なんのことだかわりますか?

英語

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

カナダ…というか

北米、南米のアメリカ大陸でポピュラーなSNSはWhatsAppです。

カナダで"LINE"だって? "WhatsApp"を使っているよ
LINEと違うWhatsAppの基本設定完了までの5ステップ

 

そのWhatsAppやインターネットでのチャットで、意味不明のアルファベットの羅列に遭遇することがよくあります。

 

Lol, Lmao, Rofl

 

いったいこれらが、なんなのかご存知ですか?

 

笑ってるんです!(笑)

 

日本でもLINEやチャットで「笑い」を表現するときに

(笑)、草、w、ワロタ…

などなど、いろいろな種類がありますよね。

海外でもそれは同じなんです。

 

LOL (Laughing Out Loud)

 

LOLが最も使われることが多いネット・スラングです。

LOLは、Laughing Out LoudまたはLaugh Out Loudの頭文字をとった略語です。

文章にくっつけて使えばOKです。

That’s really funny, lol

 

特にないけど…

とりあえず返信しとくか…

こんなときに便利なのが

Lol

単独で使ってもOKです。

 

また日本は「www」と「w」を並べて表現することがありますよね。

LOLでも同じように

lololo

といった感じで使っています。

 

LMAO(Laughing My *** Off )

Lmao

LMAOはLOLよりも笑った、大笑い!を伝えたいときに使われるネット・スラングです。

LMOFとはLaughing My Ass Offまたは Laugh My Ass Off の頭文字をとった略語です。

 

直訳すると「ケツがもげるほど笑ったぜ!」となりますが、当然ケツがとれるわけではありません。

日本の「腹がよじれるほど笑った!」と同じように、こちらも当然お腹が本当によじれるわけでもなく「大笑いした」って言いたいときに使いますよね。

それと同じようなニュアンスです。

 

LMAOにはさらに発展型のLMFAOという表現があります。

LMFAOとは... (Please Click Here)
Laughing My Fucking Ass Offまたは Laugh My Fucking Ass Off の頭文字をとった略語です。

 

F***Swear Wordsになりますから、絶対にフォーマルな場面では使わないでくださいね。

Swearing = Socially Offensive Language

 

ROFL(Rolling on Floor, Laughing)

Rofl

ROFLも大笑いしたときの表現です。

これも実際に床を転げまわることはないと思いますが(いや、たまにいるな…)、それくらいの「大爆笑!」を表現をしたいときに使うことがあります。

 

フツーに(笑)を表現するのなら

 

単に(笑)とか「w」をおいておきたいときには

haha

でもいいかもしれません。

ただし、hahaは嘲笑、苦笑いにも使われるので状況から判断しましょう。

 

その他のあまり見かけない(笑)の表現のご紹介

 

これは、あまり見掛けませんが同じように(笑)の表現です。まあ私個人的には無理して使うこともないような気がします。

参考までに…といった具合でしょうか。

その他には... (Please Click Here)
CTFUPMSLROFLCOPTER
Cracking The Fuck Up
Pissing Myself Laughing
Rolling on Floor, Turning Like a Helicopter

 

まとめ

 

【本記事のチェック・ポイント】

(笑)を表現したかったら、LOLがBestです!
WhatsAppなら😃あたりのアイコンを使うのがBestです。

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました