カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

カナダの住所はわかりやすい・迷わない・玄関の位置も直ぐわかる

住宅事情

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

誰かに住所を聞いたり、聞かれたりしても、最近は Google Map があるので住所さえわかれば大抵の場所には、たどり着くことができます。

 

スマホをGPSナビの代わりにして使うこともできますから、ちょと昔に比べたら迷うことも少なくなったと実感しています。

 

カナダは建国151年(2018年時)という若い国だからという理由があるかもしれませんが、地図を眺めていると非常に計画的に街づくりがされていたんだなぁ~と感心させられます。

 

ナビが普及する前の時代からでも、地図が十分わかりやすいので、ナビなんかいらない人も大勢いますよ。

 

住所の書き方

 

 

カナダの住所の書き方は、日本とは反対で「番地、地域名、都市名、州」の順番で書きます。

たとえば、東京スカイツリーの住所を日本式と欧米式とで書いてみます。

日本式

  • 〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2

 

欧米式

  • 1 Chome-1-2 Oshiage, Sumida-ku, Tokyo-to, Japan 131-0045

住所が一発でわかる優しい街づくり

 

「通り」の名前

 

カナダの住所は、街の縦横を走る道路に名付けられた名前に基づいて決められています。

 

東西を走る通りの名前が以下であったとします。

  • Alpha Avenue
  • Beta Avenue
  • Charlie Avenue

南北を走る通りの名前が以下であったとします。

  • Delta Street
  • Echo Street
  • Foxtrot Street

 

通りの名前には「Avenue」「Street」「Road」「Drive」「Boulevard」「Highway」「Way」などがあります。

 

番地と玄関の位置

 

  • 地図に書かれた数字は、そこにある建物の番地を示しています。

番地は、通りを基準に片側は偶数のみ、反対側は奇数のみになっています。

  • たとえば、Alpha Avenueの北側は偶数のみ、南側は奇数のみとなっています。
  • たとえば、Delita Street の東側は偶数のみ、西側は奇数のみとなっています。

 

  • 赤い色で示した箇所は、建物のEntranceのある方向を示しています。

 

「100」と書かれた住所は何と呼ぶの?

 

 

それでは「100(Green)」と書かれた場所の住所は、地図ではどのように示されるのでしょうか。

この地図の場所がオンタリオ州トロントであると仮定します。

 

「100」の建物のEntranceは、Alpha Avenueに面しているため、下記のようになります。

100 Alpha Ave, Toronto, ON

応用編(隣の建物でも住所が異なる)

 

 

それでは応用編です。

「101(Sky Blue)」「404(Green)」「202(Pink)」と書かれた住所は、それぞれ地図ではどのように示されるのでしょうか。

 

「101」の建物のEntranceは、Alpha Avenueに面しているため、下記のようになります。

101 Alpha Ave, Toronto, ON

 

「404」の建物のEntranceは、Delta Streetに面しているため、下記のようになります。

404 Delta St, Toronto, ON

 

「202」の建物のEntranceは、Beta Avenueに面しているため、下記のようになります。

202 Beta Ave, Toronto, ON

 

このように、たとえ建物が隣どおしで建っていたとしても、Entranceに面している道路によって住所が異なるのです。

 

これは、一見すると混乱しがちですが、実は非常に合理的なのです。

 

Canada Postのような郵便局や他の宅配業者などが、郵便物を配達をするときに、どの通りにEntranceが面しているのがわかるため、効率よく配達をすることができるのです。

 

まとめ

 

カナダの住所は非常にわかり易いです。

住所から玄関もわかるのもいいですね。

【本記事のチェック・ポイント】

カナダの住所の書き方は、日本とは反対です。
住所から、通りに面しているEntranceの位置がわかります。

 

Blossaさんから

粋なプレゼントです。

 

当サイトからのお申込みの方限定の特典付きです。

iaeさんから

耳よりのお知らせです。

 

なんと留学サポート費用が無料です。

 

 

 

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました