カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

Windows Server 2016 完全攻略 Part-1 インストール編

コンピュータ
スポンサーリンク

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

Windows Server(ウィンドウズ・サーバ)って、ご存知ですか。コンピュータの中身が、ウィンドウズであるサーバ(サービスを提供するコンピュータ)のことです。サーバは「サービスや機能を提供する立場にあるコンピュータ」のことをいいます。

 

といっても、なんだかよくわからないですよね。乱暴な言い方をすれば、「OSがウィンドウズであるサーバ」で「Linuxじゃない」と言えばいいのです。余計、わからなくなってしまったでしょうか。

 

Microsoft Server

 

サーバについて、ザックリご紹介します。

 

サーバ

サーバとは、サービスや機能を提供するコンピュータといえます。

 

Active Directory

 

Windows Serverに搭載されています。ネットワークに繋がっているパソコンを管理するシステムです。

 

またActive Directoryにおいて、Local Groupの各サーバーをコントロールする核となるサーバーをDomain Controller(ドメインコントローラ)と呼び、Domain Controllerと繋がりをもつサーバーやコンピュータをDomain(ドメイン)と呼びます。

 

VMの準備

 

👇の手順で、Windows Server 2016をVMマシンにインストールします。

VMware Workstation Player インストールと使い方

 

クローン

 

複数のVMマシンを使うときは、その数だけ、新規作成をする方法以外に、クローン作成の機能を使うこともできます。

 

初期設定

 

VMマシンを起動

 

緑色の三角マークをクリック(どちらでもOK)

 

国、言語、キーボードの選択後、「Next」をクリック

 

プロダクトキーの入力は不要なので、左下の「Do this later」をクリック後、「Next」をクリック

 

読んだ後、「Accept」をクリック

 

任意のパスワードを入力後、「Finish」をクリック

 

下記のログイン画面になったら、自分で決めたパスワードを入力後、「Enter」

 

Domain Controller

 

VMマシンのうち、Windows ServerのOSのひとつを「Domain Controller」に設定します。

 

Active Directory Domain Serverのインストール

 

自動で「Server Manager」が立ち上がります。

 

「Add roles and features」をクリック(どちらでもOK)

  • 「WELCOME TO SERVER MANAGER」 > 「Add roles and features」
  • 「Manager」 > 「Add roles and features」

 

「Next」をクリック

 

「Next」をクリック

 

「Active Directory Domain Server」 > 「Add features」

 

「Next」をクリック

 

「Next」をクリック

 

「Next」をクリック

 

「Install」をクリック

  • このとき「Restart the destination server automatically if required」にチェックを入れておけば、必要に応じて、自動的に再起動されます。
  • このインストールの場合、再起動は必要となるため、チェック入れてもOKです。
  • チェックを入れないときも、インストール後、再起動です。

 

インストール中の画面です。

 

インストール完了の画面で「Close」をクリック

 

Active Directory Domain Serverのパラメータ設定

 

上部の旗のタグ >「 Promote this server to a domain controller」

 

  • 「Add a new forest」にチェック
  • 任意のルート・ドメイン名(DNS)を入力
  • 「Next」をクリック

 

  • ForestモードとDomainモードは、古いバージョンとの互換がありませんので、Windows2016より古いバージョンをLocalに追加する場合は、そのバージョンに合わせて設定します。
  • 任意のパスワードを入力
  • 「Next」をクリック

 

「Next」をクリック

 

  • The NetBIOS domain name: が自動入力されていることを確認(通常はDNSから.localを無くした名前が自動的に設定されます。)
  • 「Next」をクリック

 

「Next」をクリック

 

「Next」をクリック

 

「Install」をクリック

 

インストール中の画面です。

 

  • インストールする前に「Restart the destination server automatically if required」にチェックを入れていた場合には、直後に自動的に再起動します。
  • インストールする前にチェックを入れなかった場合には「Close」のクリック後、再起動します。

 

再起動中の画面です。

 

  • 自分で設定したドメインのAdministratorとしてログインします。(st15)
  • 自分で決めたパスワードを入力後「Enter」

 

  • Server Manager が、自動で立ち上がります。
  • 「Local Server」をクリック
  • 自分が設定したドメイン名を確認します。

 

まとめ

 

ドメインコントローラの設定方法を順序通りに紹介しました。

 

まず、ドメインコントローラの設定からはじめましょう。

 

【本記事のチェック・ポイント】

  • Windows Serverのisoファイルは必要ですが、仮なのでプロダクトIDは不要です。
  • Administratorでログインしないとインストールに失敗します。
  • 必ず、Administratorでログインしましょう。

 

これが、ドメイン設定の1st STEPです。

 

コメント

error: Content is protected !!