カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

VMware Workstation Player インストールと使い方

コンピュータ
スポンサーリンク

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

バーチャル・マシンの利便性が有意義であることは、わかっていても、いざ、インストールをするとなると、少しばかり躊躇してしまうこともあるでしょう。

 

今回は、バーチャル・マシンインストールの方法と使い方をご紹介いたしますので、参考になれば幸いです。

 

VMware Workstation Player

 

おすすめのバーチャル・マシンである「VMware Workstation Player」についてご紹介いたします。

 

ダウンロード&インストール

 

👇からダウンロードします。WindowsのOSもLInuxのOSにも、インストールができますが、いずれも64bitバージョンしかありませんので、ご注意ください。

 

ソフトのインストールの手順は、一般的なソフトと同じです。

 

バーチャル・マシンの起動からOSのインストールまで

 

私は、無料版の「VMware Workstation Player」から有料版の「VMware Workstation Pro」にアップデートしていますが、基本的な操作方法は同じです。

 

ソフトの立ち上げ

 

「新規仮想マシンの作成」をクリックします。

 

新しい仮想マシン ウィザード

 

ゲストOSのインストール

 

  • CD/DVDディスクがあるときは、そのディスクのドライブを選択します。
  • isoファイルのときは、イメージファイルを選択します。

 

 

ゲストOSの選択

 

バーチャル・マシンにインストールするOSを選択します。
バージョンを選択します。

 

 

仮想マシンの名前

 

任意の仮想マシン名を入力します。
保存場所を指定します。

 

 

ディスク容量の指定

 

ディスク容量を指定します。

 

 

仮想マシンを作成する準備完了

 

完了をクリックします。

 

 

仮想マシン上に、OSがインストールされます。

 

まとめ

 

カスタマイズができますが、上記が簡単なインストール方法です。

 

まずは、簡単な方法で試してみましょう。

 

【本記事のチェック・ポイント】

  • OSは、isoファイルの方がインストール時間が短いです。
  • 基本的な設定だけで、インストールできます。

 

次からは、カスタマイズするのもいいですよ。失敗してもいいのですからね。

 

コメント

error: Content is protected !!