カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

おすすめのバーチャル・マシン(仮想マシン) 最初に使うべきソフトはこれだ!

コンピュータ
スポンサーリンク

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

通常、パソコンを使用するときに必要なOS(オペレーティング・システム)は、既にインストールされているものか、自分で最初にインストールしたもの1つだけです。

 

でも、パソコンを使用しているうちに、OSの新しいヴァージョンや違う種類のOSが気になることがあります。・・・とはいうものの、現在、使用中のパソコンにインストールするのには、少々、抵抗があります。

 

そんなときは、バーチャル・マシン(仮想マシン)ソフトを利用すれば、手軽に別のPC環境を試すことができるのです。

 

バーチャル・マシン(仮想マシン)

 

バーチャル・マシン(仮想マシン)

 

 

まず、こんな文字を目にしただけで、「なんじゃそりゃ?」と思うかもしれません。バーチャル・マシン(仮想マシン)とは、 Windows 上で、別のOS(オペレーティング・システム)を動かすことができるソフトウェアのことです。

 

つまり、物理的に、パソコンをもう1台、もう2台と準備するのではなく、1台のパソコン上に、バーチャル・マシン(仮想マシン)の環境をつくってしまうことです。パソコンの中に、またパソコンがあるようなイメージです。

 

バーチャル・マシンを使うメリット

 

パソコンを普通に利用するのであれば、OSは、1つあれば十分です。しかし、人間とは、わがままな生き物でして、パソコンを長く使っていると、他の環境を使いたくなるときがあります。隣の芝生は青く見える??

 

別のOSが使える

 

物理的に、使用しているパソコンにインストールしてあるOSを「ホストOS」と呼びます。そして、バーチャル・マシン上にインストールするOSを「ゲストOS」と呼びます。

 

 

バーチャル・マシンでは、ホストOSのバージョンにかかわらず、ゲストOSは、Windows 7 でも 8.1 でも 10 でも、関係無くインストールすることができます。

 

また、Windows のパソコンでありながら、Windowsだけではなく、Mac OS や Linux も、動作させることができます。

 

ホスト型とハイパーバイザー型

 

ホスト型

 

ホスト型とは、 OSに仮想化ソフトウェアをインストールし、その上で、バーチャル・マシンを動かす方法です。

 

既存のサーバーを使うことができるため、手軽に利用できるというメリットがあります。ホスト型に含まれる代表的なソフトウェア製品には、 VMware Workstaion Player、VirtualBox、VMware Fusion、Microsoft Virtual PC、があります。

 

デメリットは、ハードウェアにアクセスする際 OSを経由しなければいけないという点です 。

 

ハイパーバイザー型

 

ハイパーバイザー型は、ホスト OSを使わずに、直接 サーバにインストールして、バーチャル・マシン環境を作り出す方法です。

 

ハードウェアのリソースを直接管理できるというメリットがあります。 ハイパーバイザー型に含まれる代表的なソフトウェア製品には、VMware ESX・Hyper-V・Citrix XenServerがあります。

 

作業環境

 

普段、私たちが利用している通常のアプリケーションのように、Windows内で、別のOSが動くというエミュレータのような形をとっています。ところが、パーティションの割り振りやIPアドレスの付与など通常のOSとほぼ変わらない作業環境で、利用することができます。

 

また、ヴァーチャル・ドライブなので、フロッピーディスクドライブ、CD/DVDドライブなどのドライブもヴァーチャル・ドライブとして自由に構築することができます。

 

ヴァーチャルCD/DVDドライブでは、ISOイメージファイル(1枚のCDやDVDの中身を1つにまとめたアーカイブ・ファイル)を利用できるため、メディアドライブを実装していないパソコンでもOSのインストールをすることができます。

 

失敗を恐れなくてもよい

 

もし、バーチャル・マシンのOSが、画面がフリーズしたり、OSに不具合が発生することがあっても、そのバーチャル・マシンを終了させればよいだけです。

 

バーチャル・マシンへのOSのインストールに失敗したり、OSに不具合があっても、ホストのOSには、影響を与えません。また、パソコンのスペックに余裕があれば、バーチャル・マシンを動かしている間に、他のウインドウを開いて、別の作業をすることもできます。

 

ホストのパソコンのOSに手を加えるわけでないので、デュアルブートのように、ホストのパソコンで、パーティションの切り直しをする必要もありません。

 

有料版のバーチャル・マシンであれば、Windows Server 、Linux で、サーバーの構築の学習をすることができます。バーチャル・マシンとCisco Packet Tracer や GN3 などと組み合わせて、より実践的な学習も可能となります。

Cisco Networking Academy Builds IT Skills & Education For Future Careers
Join the growing IT workforce of tomorrow. Learn about the Cisco Networking Academy curriculum, learning platform, support & training.
GNS3 | The software that empowers network professionals

 

ホスト・コンピュータに必要な動作環境

 

現在、販売されているパソコンは、処理能力が向上し、多くのパソコンで、バーチャル・マシンが、使えます。最近のパソコンであれば、バーチャル・マシン1台であれば、動作するでしょう。

 

動作が期待できるスペックの目安

  • CPU:intel VTまたはAMD-V(仮想化支援技術)をサポートしているCPU
  • メモリ:4GB以上
  • HDDまたはSSDの空き容量が30GB以上

 

CPUがintelの場合、intel VT(仮想化支援技術)であるかどうかの確認は、こちらです。

インテル® 製品の仕様情報 - 高度検索
インテル® 製品の仕様や機能、対応する製品が分かるクイック・リファレンス・ガイドと開発コード名デコーダー。プロセッサー、デスクトップ・ボード、サーバー製品、ネットワーキング製品などを比較できます。

 

CPUがAMDの場合、AMD-V(仮想化支援技術)であるかどうかの確認は、こちらです。

AMD processors with Rapid Virtualization Indexing required to run Hyper-V in Windows® 8

 

もし、同時に複数のバーチャル・マシンを動作させたいのであれば、高性能かつ大容量のスペックのCPU、メモリ、ディスク・ドライブなどが必要となります。ただし、無料版には、機能に制限がかかっていることが多く、高スペックが必要な機能が使えないこともあり、有料版でもない限り、高スペックは必要ないでしょう。

 

推奨するスペック

  • CPU:intel VTまたはAMD-V(仮想化支援技術)をサポートしているCPU、Dual-core以上
  • メモリ:16GB以上
  • SSD実装で、空き容量が200GB以上

 

おすすめのバーチャル・マシン・ソフト

 

おすすめのソフトを2つ紹介いたします。使用者が多いため、クチコミも多く、解決策を見つけやすいです。いずれのソフトも「ホスト型」です。

 

VMware Workstation Player

 

バーチャル・マシン内で起動したOSの利用をやめるときは、電源をオフにする以外に、その状態をキープするサスペンド(一時停止)ができます。作業したいマシンだけをオンにして、その他のマシンをサスペンドにしておけば、ホストに余計な負担を掛けずに作業ができます。

 

Workstation Player : Run a Second, Isolated Operating System on a Single PC with VMware Workstation Player
VMware Workstation Player allows you to run a second, isolated operating system on a single PC.

 

Virtual Box

 

バーチャル・マシンで、USB機器が利用できるのが VirtualBox 最大の特徴です。インストールは、ウィザード形式で、OSの選択、メモリー量の設定、HDDイメージの選択などを行い、簡単にインストールができます。

 

バーチャル・ハードディスク作成後は、1つのソフトで複数のOSを使用・管理する事が可能です。こちらのソフトでも、作成したバーチャル・ハードディスクのOSは、サスペンド(一時停止)もできます。

 

Oracle VM VirtualBox

 

まとめ

 

バーチャル・マシンで、手軽に動作確認ができます。

 

そうなんです。心配ごとは、今のパソコンをいじることだったんです。

 

【本記事のチェック・ポイント】

  • バーチャル・マシンで、既存PCに影響を与えることなく動作確認ができます。
  • 複数マシンの同時使用は、パソコンのスペックに依存します。

 

ようこそ。バーチャル・ワールドへ

 

 

コメント

error: Content is protected !!