カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

「Cheque」を「Check」カナダのチェック(小切手)の由来

英語

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

カナダで生活をするときに、お金を預けたり、支払いをするのに、現地の銀行を開設しなければ、不便、極まりありません。

 

カナダの銀行の代表的な口座は、こちらです。
  • Chequing Account
  • Saving Account

 

日本にある銀行の”普通預金口座”に該当するのが、”Chequing Account”です。

“定期預金口座”に該当するのが、”Saving Account”です。

 

でも、本当は、ちょっとだけ違います。似て非なるものです。

 

それは、そうと、なんで”Chequing Account”なの?

 

というのが、私の素朴な疑問でした。

 

私たち日本人は、”Cheque”というスペリングに馴染みがありません。

 

ここはひとつ、”Cheque”を”Check”してやろうと思った次第です。

 

“Cheque” or “Check”

 

カナダは、アメリカの隣国です。(言うまでありませんが・・・)そして、使われている英語の大部分が”American English”です。

 

しかし、一部の単語には、”British English”が使われています。

 

カナダでは、金融関連の単語に関しては、取引の起源や金融システムなどが、イギリスからの影響が大きいため、”British English”に倣っています。

 

他にも、よく見掛ける”British English”スペリングの単語一覧表
Canadian English British English American English Japanese
cheque cheque check 小切手
centre centre center センター
metre metre meter メートル
defence defence defense 防御、防衛
offence offence offense 攻撃
colour colour color
flavour flavour flavor

 

というわけで、”cheque”は、金融関連の単語の一つです。そんな理由で、カナダでは、”Cheque”が使われているのです。

 

”centre”は、差し詰め、”World Trades Centre”といった具合でしょうかね。

 

 

“Tire” or “Tyre”

 

カナダには、自国の自動車メーカーはありません。歴史的には、お隣のアメリカ製のクルマの輸入車が中心です。最近でこそ、日本のメーカーや韓国のメーカーのクルマもポピュラーですが、やはりアメリカ製のクルマだって、今でもポピュラーなのです。

 

カナダに、クルマが入ってきた創世記は、もちろん、アメリカ製だけです。このような時代背景から、カナダでは、自動車関連の単語は、”American English”に倣っています。

 

よく見掛ける”American English”スペリングの単語一覧表
Canadian English British English American English Japanese
tire tyre tire タイヤ
curb kerb curb 縁石
aluminum aluminium aluminum アルミニウム

 

日本の学校で習う英語は”American English”ですから、この点、戸惑いはありません。すんなり、対応できるはずです。

 

 

その他の”British English” の準用

 

その他に、”American English”では、Noun(名詞)Verb(動詞)同じスペリングを使う単語があります。

“British English”では、Noun(名詞)Verb(動詞)とで異なるスペリングを使う単語があります。

 

そのいくつかの単語は、カナダでは、”British English”に倣っています。

 

よく見掛ける”British English”スペリングの単語一覧表
Canadian English British English American English Japanese
Noun Verb Noun Verb Noun Verb 名詞 動詞
practice practise practice practise practice 練習 練習する
licence license licence license licence 資格 資格化する
apologize apologise apologize apologise apologize 謝罪 謝罪する

 

特に、カナダの自動車運転におけるドライビング・マニュアルには、上記の単語が頻繁に出てきます。カナダに来たら見掛けることが多い単語だと思います。

 

クルマの”Lisence”をとるために、一生懸命”Practice”しているんだけど、なかなか合格できなくて”Apolgize”をしてばかりいます・・・みたいな感じでしょうか。

 

Word

 

“MS Office”の”Word”などを利用している時、Typoなどのスペリングの間違いがあると、該当する単語の下に赤い波線が表示されます。

 

“タイプ・ミス発見器”的な機能のことです。

 

これは、”Word”のスペリング・チェックが、”American English”に設定されているからです。

 

自分で、”American English”と”British English”との違いを把握していれば、特に気にすることはありません。

 

どうしても、気になるようでしたら、設定を”Cnadian English”にしてもよいと思います。

 

でも、その他のソフトでは、”American English”に準拠していることが多いため、”American English”の設定のままにすることをおすすめします。文書を扱う上では、”American English”が最も適しています。

 

まとめ

 

アメリカに近いのに、なぜ、British?という単語たちです。

 

“center”と”colour”くらいしか知らなかったです。

 

【本記事のチェック・ポイント】

  • “Cheque”の由来は、金融関連の単語だからです。
  • 言語設定は、”American English”をおすすめします。

 

意外と面白い発見ができました。

 

コメント

error: Content is protected !!