カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

カナダの単位(温度)・摂氏(°C)と華氏(°F)・40°は暑い?寒い?

なるほど!
スポンサーリンク

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

単位シリーズの第3段です。今回は、温度にまつわるお話です。

「今日は気温40°だよ。暑いわけだよ」

「ん?40°だって?間違いなく寒いだろっ」

 

摂氏 華氏

 

温度を表わす単位ですが、カナダでは、日本と同じ摂氏(℃)を採用しています。温度の話を普通にしていても、食い違うことはありません。

 

スマホやタブレットには、言語設定があります。これを日本からカナダに切り替えても、お天気アプリで表示される気温を表わす単位は、摂氏(℃)です。

 

ではなぜ、華氏(°F)が関係あるの

 

基本的にカナダには、工業製品のメーカーが少ないです。自動車に至っては、すべてが輸入車になります。日本に住んでいるときは、日本の国産車を当たり前のように乗っていましたが、こちらカナダでは、値段が高いです。自動車に限らず、キッチン家電もカナダ国内メーカーが少なく、お隣りのアメリカ製が多く販売されています。

 

カナダのアパートでは、キッチンに、冷蔵庫とオーブンと食器洗浄機がついているのが一般的です。そのオーブンがアメリカ製であることが多く、温度調整は、華氏(°F)であることが多いのです。

 

ちょいと調理をするときでも、温度を気にしていないと大失敗します。

 

「0°C」は「0°F」ではない

 

摂氏と華氏とでは、温度単位が、異なる数字で始まります。水の融点0°を比べてみましよう。

 

摂氏では、0℃が融点ですが、華氏では32°Fです。また、摂氏と華氏とでは、水の融点~沸点の温度差(温度幅)も異なります。

 

水の融点 ~ 水の沸点

  • 摂氏:0°C ~ 100°C
  • 華氏:32°F ~ 212°F

 

華氏において、「沸点」から「融点」の温度を引きます。

 

212-32=180

 

以上より、摂氏では、「水の融点 ~ 水の沸点」を100等分していますが、華氏では、「水の融点 ~ 水の沸点」を180等分していることがわかります。

 

摂氏:華氏 = 100:180

摂氏:華氏 = 1:1.8

 

つまり、1°C(摂氏)上昇は、1.8°F(華氏)上昇に相当します。

 

温度の換算のコツ

 

キーとなるのは、「32」と「1.8」という数字の関係です。

 

摂氏 → 華氏

°F = (°C × 1.8) + 32 

または、

°F = (°C ×9/5) + 32 

 

華氏 → 摂氏

°C  =(°F -32)/ 1.8 

または、

°C  =5・(°F -32)/9

 

以上が、変換する計算式ですが、実際は、スマホに変換アプリを入れておく方が便利です。

摂氏 華氏 変換
検索

 

おまけ

というわけで、40°F(華氏)は、4.4℃(摂氏)に相当するというお話でした。

まとめ

 

特に主婦、お料理男子は、チェックしておくべき点ですよ。

 

 

焦がした料理の失敗は、救いがありませんからね。

 

 

【本記事のチェック・ポイント】

  • 慣れるまでは、摂氏と華氏の変換は、アプリの利用が便利です。

 

 

慣れるとおよその温度の見当がつくようになりますよ。

 

カナダの単位(重さ)・なぜポンドが「lbs」なの?読めないよ

 

カナダの単位(距離・速度)・キロとマイル・カナダとアメリカ

コメント

error: Content is protected !!