カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

サマータイム?DST?夏時間?何?時間を進める or 戻す

なるほど!
スポンサーリンク

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

サマータイムって、ご存知ですか。日本では、行っていませんね。(正確には、かつて、採用したことがあるようですが・・・)

 

1年間で太陽が出ている時間帯の長い季節に、標準時間を進めて、日照時間をもっと有効的に利用することです。カナダでは多くの地域で導入しています。(採用していない地域もあります。)

 

実は、サマータイム(Summer Time)は、ヨーロッパを中心に使われている言葉のようです。ここカナダやアメリカでは、DST(Daylight Saving Time)と呼ばれています。

 

現在のカナダの時間

 

「カナダは、今、何時?」

 

日本とカナダとでは時差があります。また、カナダ国内では、6つの標準時を採用し、さらにDSTの導入の有無が絡んでくるため、なかなか現在の時間の即答ができません。

 

そんなとき、ここでバッチリわかります

 

大雑把に言っちゃうと日本の方が半日ほど先に、進んでいます。(いろんな面で・・・)

 

 

いつからいつまでDST?

 

カナダのDSTは、お隣りのアメリカと同じです。

3月第2日曜日 2:00 〜 11月第1日曜日 2:00(現地時間基準)となっています。

 

3月第2日曜日 2:00

時計を1時間進めます

2:00となるタイミングで3:00に進みます

 

11月第1日曜日 2:00

時計を1時間戻します

3:00となるタイミングで2:00に戻ります

 

カナダでは、Spring Forward & Fall Back と言って、覚えているようです。

 

私は、標準時間からDSTになる日曜日は睡眠時間が1時間奪われ、DSTから標準時間に戻る日曜日は奪われた1時間の睡眠時間を返してもらうと考えています。

 

多くの方が睡眠中に切り替わると思います。たった、1時間ですが、体調に影響を及ぼすこともあるので、就寝時間を1時間調整するのが良いでしょう。

 

「まじかよ、1時間損したぜ」とか「朝5時か、まだ早いな」みたいな感覚になります。時間にキッチリした人ほど体調を崩します。寝る時間が、いい加減な方が影響を受けません・・・あしからず

 

なお、このDSTですが、イレギュラーな時間帯の位置づけであるはずなのに、実は、1年間の約8カ月間がDSTなので、DSTの方が期間が長いのです。むしろ、感覚としては、標準時間の約4カ月間の方をウインタータイム(冬時間)と捉えた方がしっくりと馴染みます。

 

 

タイミング

 

この時刻の切り替わりのタイミングですが、厄介なことに、それぞれの州の標準時間で、各々の時刻が切り替わります。カナダ全土が、同じタイミングで切り替わるわけではありません。

 

従って、DSTの始まる日と終わる日の両日の切り替わるタイミングの前後では、カナダ国内でもさえも時差が、さらに1時間ずれることがあります。また、サスカチェワン州のようにDSTを採用していない地域もありますから、まったくもって、紛らわしいのです。

 

時計の調整

 

 

電波時計であれば、時計が自動的に、時刻を合わせてくれます。というか、それがウリですね。

 

 

また、インターネットに接続したパソコン、タブレット、スマートフォンなどの時計も自動的に時刻を合わせてくれます。

 

一方、そこらへんに転がっている電波時計ではない時計やキッチンに置いてある電子レンジ、炊飯器などの時計機能のついた電化製品などは、マニュアルで時刻を合わせる必要があります。忘れると朝ごはんにありつけない可能性があります。

 

時刻を合わせるとき、意外と混乱してしまうので、パソコンやスマホの時計と照らし合わせてながら、行うのが良いと思います。

 

まとめ

 

正確にはDSTと呼ばれています。

 

DSTという言葉には、馴染みがありませんね。

 

【本記事のチェック・ポイント】

  • 北米ではDSTですが、サマータイムでも結構、理解してくれます。
  • カナダには、6つのタイムゾーンがあります。
  • 切り替わるタイミングは、各州の標準時間です。

 

この時間帯の前後では、パソコンのデータSAVEは避けるのが無難かも?!

 

コメント

error: Content is protected !!