カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

カナダでマリファナ合法化・その背景と裏事情のタネ明かし

健康
スポンサーリンク

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

カナダで、嗜好品としてのマリファナの使用と保持について、2018年10月17日に施行されます。今回は、この法案の施行に至った経緯について、ご紹介いたします。

 

医療大麻は合法化されていた

 

今回の法案によって、嗜好品としてのマリファナの使用と保持について合法化されました。実は、既に2001年には、医師の処方箋に基づく医療用のマリファナの使用は合法化されていました。

 

 

しかし、実情は、法案によって合法化される以前から、闇で使用されている現実があり、カナダ国内のブラック市場規模は、60億カナダドル(5,000億円)を越えていると推測されています。

 

今回、合法化に至った背景には、犯罪組織に密輸入されて脱税されるブラック・マネーが無視できる金額ではないことから、引き続き輸出入を禁じることができ、国内に政府公認の製造販売ルートを作って、合法的に税金を納めさせよういう狙いがあるのです。

 

 

また、合法化することで、裏の業者からの不正入手や未成年者への販売や1回の最大所持量などを厳しく規制することが可能となるのです。実は、国家レベルでのマリファナの合法化は、2013年のウルグアイに続き、全世界で2ヵ国目となります。カナダのような先進国が、このような政策をとったことは、世界規模的にも震撼させる法案なのです。

 

呼び方はマリファナだけではない

 

大麻=マリファナ

これは、多くの人が認識していますが、大麻は英語で、他にも呼び方があります。

  • Marijuana(マリファナ)
  • Cannabis(カナビス)
  • Weed(ウィード)
  • Joint(ジョイント)
  • Pot(ポット)

 

カナダ政府では、Cannabisと表現しています。

 

これらの単語の呼び方とスペリングを覚えておくことで、間違って、マリファナを取り扱っているお店に入ってしまったり、間違って入手してしまったりすることを防ぐことができます。マリファナが身近なものとなってしまったからには、今まで以上に、自己防衛をする必要があります。

 

合法化される内容とは

 

合法化によって、認められる事項を挙げます。ただし、規制の範囲は、州ごとに異なっていますので、確認をする必要があります。もっとも、日本人にとっては違法となるので、参考程度に御覧ください。

 

 

年齢制限

 

満19歳以上です。「購入」「使用」「保持」「栽培」ができます。

 

使用できる場所

 

戸建て住宅であれば自宅、アパートやコンドミニアムであれば、自室およびベランダに限られています。ただし、このような集合住宅では、戸別のルールが設定されている場合があります。

 

自動車の運転

 

運転中のマリファナの使用は、禁止されています。使用中に運転した場合には、罰則があります。

 

購入および所持

 

マリファナの購入および所持は、1回につき30gまでです。30gを超える購入および所持はできません。

 

栽培

 

1世帯に4苗までの栽培が可能です。1世帯につき4苗で、1人につき4苗ではありません。

 

まとめ

 

カナダ国家の財政のためとはいえ、思い切った法案かもしれません。

 

日本ではありえません・・・

 

【本記事のチェック・ポイント】

  • 嗜好品としてマリファナの合法化です。
  • マリファナの単語の呼び方とスペルを覚えておきましょう。

 

間違って、その手の店に入らないように気をつけなくては・・・

 

弁護士法人アドバンス

コメント

error: Content is protected !!