カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

カナダでクルマの運転免許を取得する方法<完全攻略>マニトバ編(1)

クルマ

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

マニトバ州では、日本の免許証をマニトバ州の免許証に切り換えをするとき、オンタリオ州やBC州のように、学科試験や実技試験の免除はありません。日本は免除の対象外の国です。従って、免許証の切り換えるためには、学科試験や実技試験も受けて合格しなければなりません。

 

今回は、マニトバ州の免許証の切り換えについての概要をご紹介いたします。マニトバ州では、免許の取得までは、長い道のりとなります。「その1~その3」の全3回シリーズです。今回は、第1回目となります。

 

👇関連する記事

 

マニトバ州の免許証のクラス

 

👇マニトバ州の免許証のクラス

 

このうち四輪自動車のクラスには「5L」「5I」「5F」の3つのランクがあります。

 

 

Learner Stage (5L)

 

Level-1ランクです。

学科試験の合格者が得ることができる免許証です。単独でクルマを運転する事が禁止されており、3年以上の運転経験のある5F免許保持者の助手席への同乗が義務付けられています。従って、その他の同乗者は後部座席に乗る必要があります。5L免許取得後に、9ヶ月経過すると実技試験(Road Test)の受験資格が得られます。

 

Intermediate Stage (5I)

 

Level-2ランクです。

実技試験(Road Test)に合格すると5I免許の取得となります。この免許で、朝5時から深夜までの時間帯は、単独でクルマを運転する事が可能となります。深夜から朝5時までの時間帯は、3年以上の運転経験のある5F免許保持者の助手席への同乗が義務付けられています。

 

Full Stage (5F)

 

最終ランクです。定期的な更新が必要となります。

5I免許取得後に、15ヶ月経過かつ18歳以上であれば、MPIに申請することで5F免許の取得となります。いつでも単独でクルマを運転することができます。

 

Authorized Instruction Stage (5A)

 

GDL Programに参加しない学科試験合格者のランクです。有効期限:6ヶ月

「5L」→「5I」→「5F」のように段階を踏んで免許証を取得するMPIの正規プログラムのことをGDL Program(Graduated Driver Licensing Program)といいます。自国の免許証からマニトバ州の免許証に切り換えをする場合には、GDL Programに参加しない学科試験合格者となり、「5A」という実技試験に合格するまでの間の一時的なランクになります。

 

日本の免許証をマニトバ州の免許証に切り換える

 

日本での運転経験年数によって異なります。

経験年数切り換え可能な条件など
3年以上学科試験および実技試験の合格で「5F」に切り換え可能
3年未満学科試験および実技試験の合格で「5I」に切り換え可能

 

切り換えの手順

 

マニトバ州では、国外運転免許証を所有していれば、日本国総領事館で自動車運転免許証抜粋証明の発行をしてもらう必要はありません。国外運転免許証を日本の免許証の翻訳として扱ってもらえます。

 

また、国外運転免許証の有効期限の1年間が過ぎていても日本の免許証の翻訳として扱ってもらえます。

 

しかし、国外運転免許証を所有していなければ、自動車運転免許証抜粋証明が必要となります。

 

在カルガリー日本国総領事館

 

マニトバ州には、日本国総領事館がありません。マニトバ州の管轄は、アルバータ州にある在カルガリー日本国総領事館です。在カルガリー日本国総領事館で、自動車運転免許証抜粋証明の発行の申請をする必要があります。申請後、1週間程度で発行となります。

 

しかし、在カルガリー日本国総領事館まで行く必要はありません。在カルガリー日本国総領事館では、遠方のサスカチュワン州、マニトバ州、北西準州、ヌナブト準州全域及びアルバータ州の一部の在住者を郵送申請の対象としています。詳細は、電話で問い合わせる必要があります。

 

  • 在カルガリー日本国総領事館(Consulate-General of Japan in Calgary)
  • Suite 950, 517 10 Ave SW, Calgary, AB T2R 0A8
  • +1 (403) 294-0782

 

 

また、マニトバ日本文化協会で、年に2回、在カルガリー日本国総領事館の出張サービスがあります。こちらは、完全予約制となっています。

 

  • マニトバ日本文化協会(Japanese Cultural Association of Manitoba)
  • 180 McPhillips Street, Winnipeg, MB R3E 2J9
  • +1 (204) 774-5909

 

 

自動車運転免許証抜粋証明の発行に必要な書類などは、下記のとおりです。

申請書
パスポートおよび写真のあるページのコピー1枚
日本の運転免許証およびコピー2枚
氏名に非ヘボン式ローマ字で表記が必要な場合は、氏名のスペル確認ができる公的機関等が発給する公文書とその写し。
申請費用:$24

 

👇申請費用は年々、値上がりしています。出掛ける前にチェックしましょう。

 

在カルガリー日本国総領事館では、申請用紙に下記を記載します。

氏名
生年月日
カナダ滞在先の住所
 カナダでの電話番号

 

なお、下記のホームページから申請用紙のPDFファイルがダウンロード可能となっています。

 

また、申請時に「在留届」を提出しているかどうか確認されることがあります。もし、提出していなかった場合には、その場で提出の手続きをとることになります。

 

👇在留届

 

オンラインで、届け出をすることもできます。

 

👇オンライン在留届

 

免許証取得までのフローチャート

 

マニトバ州で免許証を取得するシステムを下記のフローチャートで表しました。

 

まとめ

 

マニトバ州で免許証の切り換えをするのは大変かもしれませんね。

 

特に実技試験のことを思うと不安ですね。

 

【本記事のチェック・ポイント】

  • 学科試験と実技試験の両方の合格で切り換え可能です。
  • 国外運転免許証があれば自動車運転免許証抜粋証明は不要です。
  • 5I免許でも朝5時から深夜までの時間帯は単独で運転可能です。

 

5I免許証でも、あまり不自由はなさそうですね。

 

コメント

error:Content is protected !!