カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

Tim Hortons(ティム・ホートンズ)はドーナツだけじゃない

カフェ&レストラン
スポンサーリンク

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

Tim Hortons(ティムホートンズ)と言えば、もちろんコーヒーとド―ナツですが、実は、ド―ナツ以外のメニューも充実してます。

 

今回は、ドーナツ以外のおすすめメニューをご紹介いたします。

 

👇関連する記事

 

Bagel (ベーグル)

 

Bagel (ベーグル)には、プレーンタイプの「Classic Bagel」とチーズ入りの「Specialty Bagel」の2種類があります。また、バターは無料ですが、クリームチーズは有料なので注意しましょう。

 

 

Bagel (ベーグル)の値段と種類

 

Bagle 数量  with Butter with Cream Cheese 価格
Classic Bagel 1個 ——— ——— $1.19
1個 ———
1個 ——— $2.19
6個(half dozen) ——— ——— $5.49
12個(a dozen) ——— ——— $9.99
Specialty Bagel 1個 ——— ——— $1.59
1個 ———
1個 ——— $2.49

【Classic Bagel】

  • Plain
  • Everything
  • Cinnamon Raisin
  • Four Cheese
  • Sesame Seed
  • 12 Grain

【Specialty Bagel】

  • Sundried Tomato Asiago Specialty Bagel
  • Maple Cinnamon French Toast Specialty Bagel
  • Jalapeno Asiago Mozzarella Specialty Bagel
  • Pretzel Bagel

Cream Cheese

  • Plain
  • Harb and garlic
  • Lite

 

with Vegetable

 

Bagelに野菜を追加することができます。「トマト」「レタス」「キュウリ」「レッドオニオン」などがあり、1種類当たり$0.50で追加できます。

 

1品だけの追加で済ますのであれば、Sandwichesを注文するよりもリーズナブルです。

 

トーストのサービス / カットのサービス

 

Bagelを焼いてくれるサービスがあります。

 

焼いて欲しいのであれば

Toasted, Please!

焼かなくてもいいのであれば

No Toasted, Please!

カリカリに焼いて欲しいのであれば、2度焼きの

Double Toasted, Please!

と注文しましょう。

 

ベーグルの「Everything」や「12 Grain」は、焼いた方が香ばしくて美味しいといわれています。

 

また、Bagelを半分や1/4にカットしてくれるサービスもありますので、まるまる1個では食べにくいようなら、カットすることを頼んでみるのもよいでしょう。

 

 

Bagle B.E.L.T

 

こちらで紹介するのは、Breakfastのメニューなので基本的には昼12時までのメニューです。「Bagle B.E.L.T(ベーグル・ベルト)」というものです。「ベーコン」「エッグ」「レタス」「トマト」の頭文字で「B.E.L.T」です。

 

また、ベーコンではなくソーセージのメニューもあります。

Sausage Bagle B.E.L.T, Please!

と言って注文をしましょう。

 

ベーコンではなくソーセージなら「Bagle S.E.L.T」というツッコミを入れたくなりますが、「Sausage Bagle B.E.L.T」が正解のようです。なお、ベーコン抜き、ソーセージ抜きもあるようです。

 

ベーグルの種類を選ぶことができます。なお、ベーグルは基本的にはトーストしますので、お好みに合わせて「No Tasted, Please」や「Double Toasted, Please」 と注文しましょう。

 

【Bagle B.E.L.Tの種類】

  • Bacon, seasoned egg and processed cheese
  • Sausage, seasoned egg and processed cheese
  • Seasoned egg and processed cheese

 

 

Sandwiches / Wraps

 

Sandwiches(サンドウィッチ)とWraps(ラップ)には、基本メニューがありますが、ほとんどオーダーメイドに近いものでも注文が可能です。もはや、SUBWAYと変わりません。

 

Sandwiches

 

Sandwiches(サンドウィッチ)に挟む具は、レタスとトマトを基本として、ハム、チーズ、肉類が追加されていくようなイメージです。

 

 

 

カスタマイズの例

 

【カスタマイズ】

  • 白いパンと茶色いパンの選択
  • 1部または全部の野菜を抜く
  • パンをベーグルに替える
  • ベーコンの増量
  • プロセスチーズをチェダーチーズに交換
  • ソースを抜く
  • ソースの種類を替える

【ソースの種類】

  • Mayo
  • Ranch
  • Spicy mayo
  • Honey mustard
  • Chipotle
  • Garlic mayo
  • Caesar

 

Wraps

 

Wraps(ラップ)は、サンドウィッチのクレープ版というか、春巻き版というか、巻物スティック状となっています。封筒のような入れ物に入れて手渡されるので、屋外での食べ歩きには向いているかもしれません。

 

 

 

Muffin

 

ドーナツばかりで飽きてしまったけど、サンドウィッチを食べるほどでもないとき、または、そもそもサンドウィッチだと、ちょっと値段が高いと思ったときには、Muffin(マフィン)がおすすめです。Muffinの価格は、$1.49/個です。

 

 

Muffinの種類

 

  • Chocolate Chip
  • Fruit Explosion
  • Wild Blueberry
  • Carrot with Walnuts

・・・・・・And many more

 

 

まとめ

 

カナダにいれば、Tim’s に行くことが多いですから、食べる機会もあるでしょうね。

 

 

次は、ベーグルのトーストあたりがいいかな。

 

【本記事のチェック・ポイント】

  • バターは無料、クリームチーズは有料です。
  • Bagle B.E.L.Tにはソーセージのメニューもあります。
  • Sandwichesのカスタマイズは自由自在です。

 

Timmiesに行く楽しみが増えますね。

 

コメント

error: Content is protected !!