カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

STEPPENWOLF(ステッペンウルフ) 

カナディアン・ミュージック
スポンサーリンク

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

ちょっと前(もうだいぶ前)まで、ワイルドといえば、スギちゃんでしたが、多少なりともRockをかじったことがある人にとってもワイルドは、このバンドのヒット曲のはずです。今回は、ワイルドなバンドについて、ご紹介いたします。

 

STEPPENWOLF (ステッペンウルフ)

 

Rockerにとってのワイルドは、間違いなくSTEPPENWOLF (ステッペンウルフ)です。彼らは、永遠のロック・アンセムを世に残しています。

 

 

バンドの中心人物であるJohm Kay(ジョン・ケイ)(Vo&G)は、4歳のときに母親とともに、戦火にあった故郷のドイツを逃げ出し、ソ連の支配から逃れるために、東ドイツから西ドイツへ移動し、さらに1958年にカナダへ移住しました。

 

トロントにおいて、1964年に、ブルース・バンドのThe Sparrows(ザ・スパロウズ)を結成後、ヨークヴィル地区にあるコーヒー・ハウスを活動の拠点としていました。

 

その後、1967年に、サンフランシスコに移住しました。当時、ロサンゼルスのダンヒル・レコードのプロデューサーであったガブリエル・メイラーの提案により、音楽性をより強烈なビートを刻んだサウンドに変え、ヘルマン・ヘッセの小説のDer Steppenwolf(荒野のおおかみ)からとって、STEPPENWOLF (ステッペンウルフ)と名乗るようになりました。

 

EASY RIDER

 

STEPPENWOLF といえば、Born to be Wild(ワイルドでいこう!)となります。誰がなんと言おうとBorn to be Wildです。

 

 

ハーレー乗りは、今でも、イージーライダーという映画とチョッパーの呪縛から逃れることはできないのでは、ないでしょうか。ハーレー乗りが、いくら自分は違うと思っていても、オートバイに乗らない周りの人にとっては、良くも悪くもハーレーのイメージであり、イージーライダーなのでしょう。

 

STEPPENWOLF の1stアルバムから、シングルカットされたBorn to be Wildは、彼らの通算3枚目のシングルです。このBorn to be WildとThe Pusherの2曲が、映画イージーライダーの作中で用いられたことによって、スターダムに駆け上がったのです。

 

また、Born to be Wildの歌詞に「Heavy Metal Thunder」という言葉を織り込んでおり、実は、へヴィメタルの原点はこれだ!みたいな見解を掲げていた音楽評論家がいました。しかし、実際には、この言葉は音楽のジャンルではなくオートバイのことを差しているようです。

 

 

Born to be Wild <SIDE-A>

 

 

Sookie Sookie

Everybody’s Next One

Berry Rides Again

Hoochie Coochie Man

Born to Be Wild

Your Wall’s Too High

 

Born to be Wild <SIDE-B>

 

 

Desperation

The Pusher

A Girl I Knew

Take What You Need

The Ostrich

 

実を言うと

 

STEPPENWOLFは、あまりにもBorn to be Wildの印象が強くて、他の曲をあまり聴いたことがありません。Born to be Wild以外の曲の印象がありません。

 

どのサイトを見ても、Born to be Wildとイージーライダーを引き合いに出して、彼らの叫びは、「自由」であり、その「自由」は、「Liberty」ではなく「Freedom」ですという解説のみを前面に出しています。

 

それでは、他の曲は・・・というと、残念ながらBorn to be Wild以外の曲に触れた記事を読んだことがないのです。

 

私、個人的な感想としては、Born to be Wildが特質的に凄い曲だけど、他の曲の印象が残らないので、アルバムとしての評価はイマイチです。だけど、名曲が収録されている以上、こき下ろすわけにはいかないという取り扱いに困るアルバムです。

 

まとめ

 

とりあえずは、Born to be Wild聴いて、他の曲も聴いてみてください。

 

そのまま、受け取ってもいいのでしょうか。

 

【本記事のチェック・ポイント】

  • Born to be Wildだけ抑えましょう
  • STEPPENWOLFというバンド自体のファンは意外と少ないです
  • にわかRockファンに、Born to be Wild以外の曲を知っているか尋ねてみましょう(多分、知らないです・・・)

 

 

なんだそりゃ、納得がいかない「まとめ」ですよ。

 

コメント

error: Content is protected !!