カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

カナダのユニバーシティとカレッジの違いとプログラムを詳しく解説

学校

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

カナダの大学に行きたいと思ったとき、University(ユニバーシティ)とCollege(カレッジ)の違いって何だろうという疑問を持ったことはありませんか。

 

でも大切ことは、ユニバーシティとカレッジの違いや学校の選択だけではありません。何を学ぶのか、どんなプログラムを選んだら良いのかを選択することも検討する必要があるのです。

 

UniversityとCollegeの違い

 

まずは前提知識として、University(ユニバーシティ)とCollege(カレッジ)の違いを確認してみましょう。

 

University

  • 複数の学部や研究科で構成されている。
  • 大学院課程を設けていることが多い。
  • 比較的、大きな大学が多い。

College

  • 少数の学部や研究科で構成されている。
  • 大学院課程を設けていないことが多い。
  • 比較的、小さな大学が多い。

 

日本での総合大学と単科大学との違いに近いと認識しておけばよいでしょう。なお、カナダのユニバーシティはすべて公立です。

 

カナダのユニバーシティ

 

カナダの公立カレッジ

 

カナダの私立カレッジ(キャリア・カレッジ)
https://nacc.ca/nacc-membership/nacc-member-colleges/?#/action/AdvancedSearch/cid/1260/id/401
(もしリンクからサイトに飛べないときはhttpsから「s」をとって再検索をしてください。)

 

 

プログラムの選択

 

どの大学で学ぶのかは重要です。それと同時に、何をどんな目的で何年間学ぶのかも、よく検討した方がよいのです。

 

カナダの大学には次のようなプログラムがあります。
  • Certificate
  • Diploma
  • Degree

 

Certificate、Diploma、Degreeは、卒業をするために必要な単位数だけではなく、単位取得のために必要な履修時間も異なります。

 

Degreeのプログラムには、包括的な教育を支援するために一般教育コースを受講する必要があります。多くの大学では、数学、科学、歴史、哲学などの科目を履修する必要があります。

 

CertificateとDiplomaのプログラムには、このような一般教育コースは基本的にはありません。

 

Award CertificateDiplomaAdvanced DiplomaDegree
Institutionscommunity collegecommunity collegecommunity college2 years institution

4 years institution

Completion Time1 year1 year

2 years

3 years2 years

4 years

6 years and more

Career Goalsprofessional skill enhancementprofessional skill enhancementprofessional skill enhancementProfessional fields requiring undergraduate graduate degrees

 

Certificate

 

  • 選択したプログラムで学んだコースを受講した後に取得します。
  • 選択したプログラム履修の証明書です。

 

Diploma

 

  • コミュニティ・カレッジや専門学校でで学んだコースを受講した後に取得します。
  • 選択したプログラム履修の証明書です。

 

Degree

 

  • Academic Degree:2年
  • Bachelor:4年
  • Master:6年(Bachelor + 2年)
  • Doctoral:Master + 数年

 

 

Post-Graduation Work Permit(PGWP)

 

カナダのユニバーシティやカレッジを卒業することのメリットとして、カナダで働くことが挙げられます。カナダで働くためには、Work Permit(就労ビザ)が必要です。

 

Work Permit(就労ビザ)の中に、Post-Graduation Work Permit (ポストグラデュエイション・ワークパーミット)という就労ビザがあります。通称ポスグラと呼ばれています。

 

カナダ政府公認のユニバーシティやカレッジに8ヶ月以上通うことによって申請ができる就労ビザのことです。

 

 

Post-Graduation Work Permit
  • 申請時に有効期限の残っているStudy Permit(学生ビザ)を保有していること。
  • カナダ政府公認のユニバーシティやカレッジでフルタイムのプログラムを就学したこと。
  • 8ヶ月以上のプログラムを修了したこと。
  • プログラムを修了後、学校から修了証書を授与される旨が記載された書面を受理したこと。
  • 上記の書類を受け取ってから90日以内にPGWP申請を行うこと。

 

Post-Graduation Work Permitの有効期間
  • カナダ政府公認の学校8ヶ月~2年未満:有効期間は学校の在籍期間と同じ
  • カナダ政府公認の学校2年以上:有効期間は3年間(最長3年間)
  • カナダ政府公認の学校3年以上:有効期間は3年間(最長3年間)

 

Post-Graduation Work Permitの特徴
  • Open Work Permit(雇用主および職種制限がない就労ビザ)
  • 一生に一度しか取得できない。

 

Diplomaのメリット

 

多くのDiplomaのプログラムは2年間です。2年間の就学で3年間のPGWP(ポスグラ)の申請ができます。

 

そのため、Diplomaのプログラムの選択後、3年間のPGWPを申請するのが、最も効率のよい方法となっています。それは、3年以上のプログラムを学んでいても、PGWPは最長で3年間しか取得できないからです。

 

ただし、カナダでは裁量という罠がしかけられています。3年間のPGWPが出るという保証はしていないとしています。今のところ2年間の就学で3年間のPGWP出なかったという報告は聞いていませんが、いつ制度が変更されるのかは予測できません。

 

最善策のご提案

 

カナダで3年以上のプログラムを学びたい方もいらっしゃるでしょう。でも、そのような方々にもDiplomaプログラムの選択をおすすめします。

 

選択するプログラムにもよりますが留学生の授業料は、およそ$15,000~$25,000/年です。この授業料は、カナダ市民の2~3倍の費用です。カナダ市民なら、この1/2~1/3の費用ということです。

 

実はカナダ永住権の取得者は、カナダ市民と同じ授業料で学ぶことができます。

 

つまり、費用的な最善策は
  • 留学生の授業料でDiplomaプログラムで2年間学ぶ
  • 就職
  • 永住権の申請
  • 永住権の取得
  • 永住権取得者として、同じ学校のプログラムを継続または違う学校に編入

 

永住権の申請に必要なカナダでの就労期間は1年間であることが多いです。州や職種によっては6ヵ月の就労期間で申請できる場合もあります。

 

もしカレッジの卒業後、直ぐに就職可能であり、レイオフされることがなく就業できる自信があれば、Certificateの1年プログラムで学び1年間のポスグラで勝負する選択肢もあります。

 

カナダで就職する理由

 

カナダでは一定基準の英語力と一定期間の就労経験などの条件を満たせば、移民申請をすることができます。州によって、その条件は異なりますが、比較的、他の国よりも永住権を取得しやすいといわれています。

 

まとめ

 

カナダで学ぶ理由の多くは永住権の取得といわれています。

 

ワーホリが使えないならポスグラという流れが多いですね。

 

【本記事のチェック・ポイント】

Diplomaプログラムが最も効率がよいです。

カレッジで学ぶ理由は移民申請目的が多いです。

 

移民申請は英語力UPのモチベーション維持にもなるのでしょう。

 

Blossaさんから

粋なプレゼントです

 

当サイトからのお申込みの方限定の特典付きです

iaeさんから

お知らせです

 

なんと留学サポート費用が無料です

 

 

 

 

コメント

error:Content is protected !!