カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

子供も遊べるパーティにぴったりのボードゲームです。Part-2

ゲーム

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

前回のブログのタイトルは👇でした。
子供も遊べるパーティにぴったりのボードゲームです。Part-1

 

聡明な読者様には、もうとっくにバレバレですが、Part-2もございます。

 

だって、子供ですから、たった1種類のゲームじゃすぐに飽きちゃいますよ。そんなに集中力も持続しません。

そもそも、大人だって他のゲームがやりたいという理由があるんですけど・・・

 

というわけで、他にやったボードゲームもご紹介いたします。

 

Dr. EUREKA(ドクターエウレカ)

 

ドクターエウレカは、ボードゲームというよりは、アクションパズルゲームと言った方がいいでしょう。

 

 

  • 対象年齢:6歳~
  • プレイ可能人数:2~4人
  • 所要時間:15分
  • ルール難易度:★☆☆☆☆

 

  • 触ったらダメ!
  • こぼしちゃだめ!
  • 慎重に、でも急いで!

 

なんかこれだけで、ゲーム内容の大筋が理解できるような気がしませんか?

 

ドクターエウレカのルール

 

ゲームの概要

 

プレイヤーが3本の試験管と紫、オレンジ、黄緑のボール2個ずつ(計6個のボール)持ちます。お題カードのとおりになるように、ボールを試験管から試験管へ落とさないように注ぎ移すゲームです。

 

説明では上記のように書かれておりますが、試験管というよりはメスシリンダーだと思います・・・

 

ルールその1・ゲームの準備

 

諸君

実験で扱うボールは大変、危険な物体だ。

決して直接、手で触れないように!

 

各プレーヤーは、同色2個ずつのボールを入れた3本のメスシリンダーを自分の前に準備します。

 

お題となるカードをよくシャッフルして裏向きに重ねておきます。

カードには様々なボールのパターンが描かれています。

 

ルールその2・実験開始

 

プレイヤーの誰でもいいので、裏向きに重ねたお題カードの山の上から1枚表向きにします。

 

表向きにするのと同時に、各プレイヤーはカードの絵柄と同じとなるように、ボールのパターンを揃えます。

  • 直接、ボールを手で触ってはいけません。
  • メスシリンダーからメスシリンダーへボールを移します。

 

  • もしボールをこぼした場合、そのプレイヤーは、そのターンのゲームに参加できません。

 

ルールその3・絵柄通りに揃えたとき

 

カードの絵柄と同じパターンに揃えたとき

 

EUREKA !

と叫びます。

 

ちなみに、pronunciation(発音)は👇

  • ユーリカ(英語)
  • エウレカ(日本語)

 

一番早くボールを揃えて「EUREKA」と言ったプレイヤーがそのカードをGETします。

プレイヤーの一人が5枚カードを得たときに、そのプレイヤーが勝者となり、ゲームは終了です。

 

ルールその4・必殺技

 

絵柄のパターンを完成させるとき、メスシリンダーを逆さまにしてもOKです。

逆さまにするメスシリンダーの本数に制限はありません。

ただし、逆さまにしたら、そのメスシリンダーを動かすことができないので最後の一手で使うことになります。

 

選択ルール

 

ゲームに慣れた人用に「選択ルール」というのもあります。基本ルールに飽きたら、こちらのルールでやるのも楽しいですよ。

  • プレイヤーはカードの絵柄の確認後、何回で完成できるのかを宣言します。
  • 宣言した回数が最も少ないプレイヤーが実験を開始します。
  • 宣言した通りに完成できた場合、カードをGETします。
  • もし、できなかった場合、次に少ない回数を宣言したプレイヤーへと権利が移ります。

 

 

まとめ

 

大人は、お酒を飲んでからプレイするといい感じのハンディ・キャップ戦になりますよ。よくこぼすので・・・

 

わいわい、がやがや系の楽しいゲームですよ。

【本記事のチェック・ポイント】

ヒラメキと手先の器用さが重要なゲームです。
プレイ時間も短いので、サクッとできておすすめです。

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました