カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

クレジットカードNGならセキュアカードにする神話崩壊

お金
スポンサーリンク

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

以前の記事で、カナダのクレジットカードについて、まとめました。

ザックリ復習は👇からどうぞ。

 

👆の記事でご紹介した「セキュア・カード」ですが、最近、簡単に作れるという神話が、崩れつつあります。今回は、揺れ動く話題の渦中にあるセキュア・カードについてご紹介いたします。

 

セキュア・カードとは

 

「セキュア・カード」とは、クレジットカードの利用限度額を、預金の範囲内までに設定してあるクレジットカードのことを差します。つまり、 預金を担保にしているクレジット・カードのことです。「 セキュア・カード」とも呼ばれています。

 

具体的な説明

 

たとえば、銀行系のセキュア・カードの場合には、$500を担保にして、利用金額の上限が$500のクレジット・カードが発行されます。

 

この担保する金額ですが、銀行によって異なります。実は、ScotiaBankの場合には、+$100を担保する必要があります。つまり、上記の例の場合、$600を担保にして、利用金額の上限が$500のクレジット・カードが発行されるシステムです。

 

 

なお、担保に差し出した金額ですが、一定期間(約1年間)は、まったく引き下ろすことができません。セキュア・カードが銀行系でない場合には、一定期間後に、チェックシート(小切手)が郵送で送られてくることがあります。

 

特殊なカードなの?

 

消費者金融系のセキュア・カードの場合には、セキュア・カード専用のデザインがあって、ひと目でセキュア・カードとわかるものもあります。しかし、多くの場合、特に、銀行系のカードの場合には、専用のセキュア・カードというものはありません。

 

一般のクレジット・カードとまったく同じカードを利用します。つまり、見掛け上は、普通のクレジット・カードです。このカードが担保付帯であることは、本人と銀行関係者しかわかりません。堂々と使っても、ぜんぜん恥ずかしくないですよ。

 

 

クレジット・カードのおさらい

 

カナダのクレジット・カードについて、おさらいをします。日本のカードと考え方の違いを確認しましょう。

 

支払い方法

 

日本の一般的なクレジット・カードの支払い方法は、一定期間後(1~2ヶ月後)に、クレジットカード作成時に届け出た金融機関から、自動引き落としで行われます。

 

ところが、カナダのクレジット・カードの場合には、自主的にATM、オンラインなどで支払う必要があります。多くの場合、カードを使用したときから、21日以内に支払いをしないと金利がかかります。たとえ、銀行系のクレジット・カードを利用していても同じです。同一の銀行内での自動引き落としはありません。自主的に支払いをしなければなりません。

 

また、日本のクレジット・カードの場合、支払い時に、1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払いなど多様な支払い方法が選択できますが、カナダのクレジット・カードの場合には、リボ払い1択となります。

 

クレジット・ヒストリー

 

デビット・カードの場合には、そのカードを発行している銀行の口座から、即時に支払いがされます。ところが、クレジット・カードの場合には、後で、いちいち自分で支払いをする必要があるため、二度手間がかかるのです。ではなぜ、こんな面倒なクレジット・カードを使うのでしょうか。

 

カナダでは、クレジット・カードの利用と支払いの記録(履歴)をクレジットヒストリーと呼んでいます。また、そのクレジットヒストリーから算出される数値をクレジットスコアと呼んでいます。

 

クレジットスコア > カナダにおいて生活を左右する指標

 

クレジットカードを使うことが、「信用」の蓄積となっていきます。新たにクレジットカードを発行できるのか否か、ローン審査に通るか否か、そのローン審査に通ったとして、金利のパーセンテージの大小の影響、アパートの賃貸の可否、ときには、就職の採用の有無にも影響をもたらします。

 

日本では、考えにくいのですが、クレジットスコアが無ければ、いくら現金を持っていても信用してもらえないのです。

クレジットスコア = 信用度

 

これが、カナダの常識なのです。デビット・カードでは、いくら買い物をしても、クレジット・ヒストリーは蓄積されないのです。

 

クレジット・カードの申し込み

 

クレジット・カードおよびセキュア・カードの申し込みについて、紹介いたします。

 

申込みに必要なもの

 

クレジット・カードを申し込むときには、下記のものが必要です。

  1. ID(パスポート、カナダの運転免許など)
  2. ビザ
  3. SINナンバー
  4. 預金のある銀行口座
  5. クレジット・ヒストリー(持参するものではなく、クレジット・カードの利用履歴です。)

 

よく聞く話

 

カナダで初めて、銀行口座を開くときは、IDと現住所が証明できる書類が必要です。

 

ネット情報やクチコミで、👇のような話を聞くことがあります。

銀行口座を開設する際に、セキュア・カードも同時に申しむことができました。セキュア・カードを申し込むことは、非常に簡単です。

 

ところが、実際は、下記の条件が必要です。

  • 既に銀行口座を開設し、残高があること
  • 就職して60日分の給料明細があるか、または雇用主からのレターがあること

 

なぜ、銀行口座を開設時に、セキュア・カードを発行することができたのでしょうか。

 

それは、間違いなくタイミングです。

 

ちょうど、カード促進のキャンペーン中であったとか、クレジット・カードをすすめて顧客がカードを作れば、すすめた人にインセンティブが入るとか、マネージャーの裁量とかが主な要因です。

 

クレジット・ヒストリーもなく、失業中であっても、長期間(1年程度)銀行口座に残高があり、設定金額が$1,000以下であれば、マネージャーの裁量で、セキュア・カードが発行されます。

 

マネージャーの裁量が一番のネックで、この人のさじ加減ひとつで、銀行口座の開設と同時にセキュア・カードが発行されたなんてことも起こりうるのです。

 

すべては、タイミング裁量なので、万人にあてはまるわけではありません。

 

まとめ

 

セキュア・カードでもクレジット・ヒストリーが蓄積されます。

 

クレジット・ヒストリーの蓄積が目的なので限度額は低くてもOK!

【本記事のチェック・ポイント】

  • セキュア・カードとは、クレジット・ヒストリーがない人用のクレジット・カードです。
  • 担保した金額の範囲内のみ、カードの使用が可能です。
  • クレジット・ヒストリーの蓄積で、次回は本当のクレジット・カードを作るための足掛かりとなります。

 

クレジット・カードの考え方が違うんですね。

 

コメント

error: Content is protected !!