カナダに関するあらゆる”困ったちゃん”を救済するブログの決定版!

カナダのコインと紙幣をお見せします デザインはこれです

お金
スポンサーリンク

 

こんにちは。CA-P(キャップ)@canadaportal)です。

 

カナダで流通しているお金を紹介します。日本との違いは「2」という数字がわりとpopular なことです。そして、「ドル」のほかに「セント」という補助硬貨があることです。

 

通貨単位

 

カナダの通貨単位はカナダ・ドルであります。為替レートでは「CAD」と表記されています。CADといっても図面を描くCADではありません。

 

コイン(硬貨)

 

まずは、コイン(硬貨)の方からご紹介いたします。

 

あだ名

 

誰が名付けた知りませんがカナダのコインには”あだ名” がついています。こいつがチョット曲者ですして、カナダ新参者を困惑させます。

 

例えば自動販売機に LoonieQuarter だけしか使えないとか普通に書いてあったりしますので、あだ名は覚える必要があるのです。

 

ラインナップ

 

  • コインのラインナップ

 

左から順番にコインの種類(あだ名)は👇こんな感じです。

  • 5セント(ニッケル)
  • 10セント(ダイム)
  • 25セント(クォーター)
  • 1ドル(ルーニー)
  • 2ドル(トゥーニー)

 

「2」という数字に使い慣れてないから、ちょっと戸惑います。

 

そしてダイムは、ダイムバック・ダレルでもありません。

 

咄嗟に判断できない

 

写真をご覧になって既に、お気づきかとは存じますが、5セントのコインの方が10セントのコインより大きいのです。

 

これが、慣れてないとちょっと厄介です。なんか感覚的にデカい方がお金の価値が高いと思いがちなので、ご注意ください。

 

というか、なんで、5セントの方が10セントより大きいのでしょうか?

 

もう一つ厄介なことに

 

現在は、1セント(ペニー)が廃止されています。製造にかかるコストを考慮したら赤字になるため、廃止にしたようです。

 

キャッシュでの遣り取りは、最小単位を0セント又は5セントになるように調整しています。

 

最小単位を👇のようにしています。

  • 0セント → 0セント(東国原)
  • 1セント → 0セント(切り捨て)
  • 2セント → 0セント(切り捨て)
  • 3セント → 5セント(切り上げ)
  • 4セント → 5セント(切り上げ)
  • 5セント → 5セント(東国原)
  • 6セント → 5セント(切り下げ)
  • 7セント → 5セント(切り下げ)
  • 8セント → 10セント(繰り上げ)
  • 9セント → 10セント(繰り上げ)

 

デビットカードやクレジットカードの決済なら調整無しでそのままの金額で会計が行われます。

 

面倒ならカードを使うようにしたらよいでしょう。

 

紙幣

 

次に、紙幣の方をご紹介いたします。

 

紙幣の種類

 

紙幣の方は5ドル・10ドル・20ドル・50ドル・100ドルがあります。

 

5ドル紙幣

 

10ドル紙幣

 

20ドル紙幣

 

50ドル紙幣

 

100ドル紙幣

 

なお、ATM(ABM)だと取り扱いが、20ドル紙幣のみというマシンが多いです。一般的に流通している紙幣は10ドルと20ドルの2種類のようです。

 

50ドル紙幣と100ドル紙幣は流通している様子はありません。カードが普及している国なので、価値の高い紙幣を持ち歩く習慣がないのでしょう。

 

逆に、ATM(ABM)で、50ドル紙幣や100ドル紙幣が出てきたら出てきたで使いづらいので、すぐに20ドル紙幣に換えたくなります。

 

日本では、2,000円札が見事にコケまして、沖縄以外では見掛けないといわれていますが、こちらでは、お買い物は20ドル紙幣がメインという感じがします。

 

 

記念?10ドル紙幣

 

違う絵柄の10ドル紙幣に遭遇いたしました。別柄のコインは結構見るんですけど、紙幣は初めてだったんでチョット嬉しい気分になりました。

 

偽造対策

 

あと、この紙幣は偽造対策としてポリマー紙幣となっております。”ポリマー” とか ”モノマー” とか遠~い昔に大学で聞いた懐かしい音の響きです。

 

モノマー(単量体)の重合度の高い重合体がポリマーで低い重合体をオリゴマ―と呼んだり、ポリマーは高分子と言えるけど高分子は必ずしもポリマーではないみたいな…

 

まあ素材が ”” じゃなくて”樹脂素材” だから、もはや紙幣じゃね~だろう!というリクツっぽいツッコミを入れたいだけなんですが…

 

まとめ

 

50ドル、100ドル紙幣が流通していないのは、カードが普及している国だからかもしれませんね。

 

買い物で50ドル紙幣を出したら、まじまじと確認されましたよ。

 

【本記事のチェック・ポイント】

  • 10セントコインより5セントコインの方が大きいです。
  • 50ドル紙幣や100ドル紙幣は、あまり流通していません。
  • ATMの取り扱いでは、20ドル単位となるマシンが多いです。

 

現金払いが面倒なので、徐々にカードを使う傾向になりますね。

 

コメント

error: Content is protected !!